内科でプラセンタ治療ってどんな方法、効果があるの?

      2016/03/18

内科でプラセンタ治療

プラセンタ治療を病院でする場合、内科やクリニック、美容外科、皮膚科などで処方してもらえます。プラセンタ注射はラエンネックとメルスモンという2製剤のみが国で認可されており、どちらも美容効果については効果は変わりません。

治療ということで、健康保険適用でプラセンタ注射をしてもらう場合は、更年期障害、乳汁分泌不全、肝炎、肝硬変、肝機能障害と診断されない限り、健康保険適用の金額で受けることはできません。

内科やクリニックによって、金額や、ラエンネック、メルスモンの製剤をどちらも処方していたり、あるいは片方だけ処方していたり、症状により切り替えていたりなど異なりますが、

東京や横浜や福岡、札幌や新宿、仙台、千葉など、県や区、地域で製剤が変わることはありません。

定期的に継続する事が大切ですので、名医と言われる方でなくても大丈夫なので、お近くの内科やクリニックで、自分にあった病院を見つけるのが良いと思います。地元で評判が良いところも良いかもしれません。

心療内科でもプラセンタ注射やサプリメントを処方している場合もあります。うつ病や自律神経失調症などの病気にプラセンタが効果があるためです。

カウンセリングを受けて、ホットフラッシュやイライラ、肩こりや疲れやすいなどといった更年期障害の症状と同じような症状がある場合、うつ病や自律神経失調症の心療系の病気でも、プラセンタ注射が保険適用になる場合もあります。

プラセンタ治療とは?注意点についても

プラセンタ治療にはプラセンタ注射、内服のプラセンタサプリ、プラセンタドリンクがあります。

プラセンタとは胎盤エキスの事で、プラセンタ療法とは、胎盤より抽出された有効成分を内服や注射などで、いろいろな疾患の治療に使う治療法です。

プラセンタ注射は人由来の人プラセンタを使用しており、クリニックなどで処方させるプラセンタサプリメントやドリンクは、人由来のモノから馬、豚由来のものがあります。

国で認可されているプラセンタ注射の製剤は、メルスモン、ラエンネックの2製剤のみで、どちらも人由来のヒトプラセンタです。

認可されている注射方法は筋肉注射と皮下注射のみとなっています。静脈注射は認可されていません。

静脈注射を臨床や実験で行ったところ、ショック状態、血圧低下や呼吸困難、チアノーゼ、痙攣やホルモン異常など症状が現れたケースがあるからです。

クリニックにより、プラセンタの静脈注射や、他の美容成分やビタミンとのカクテル注射などが行われている場合もありますが、安全性の面で考えて、おすすめできません。

プラセンタ注射以外にもおすすめなプラセンタ

内科で処方してもらうプラセンタ注射は効果が期待できますが副作用などのリスクもあります。

フラコラ・プラセンタ美容液(外側からのケアにはコレ)

フラコラのプラセンタ美容液は安心安全の国産のプラセンタを使用した混じりっけなしのプラセンタエキス100%の美容液でお肌に直接、届くため付けた瞬間からお肌にうるおいを感じました。

プラセンタ原液100%でこのお試し価格は見たことがないので即購入。

惜しげもなく使えるからサプリとWで使用してプラセンタ注射並に肌のキメが整うのを実感しました。

プラセンタ美容液_文字入れ

プラセンタ原液100%美容液が980円(送料無料)で15mlも試せるなんて驚き!

パッケージもかわいくて、何度でも使いたくなるほど虜になりました。

顔だけではなく、胸の周りやひじ・ひざなど気になる箇所を集中的にケアすることでツルツルのお肌を手に入れられちゃいました。

原液100%でもリーズナブルだから気になる箇所にたくさん使えて、効果も抜群!WHITE’stプラセンタエキス原液

フラコラ・プラセンタつぶ(内側からのケアにはコレ)

私の愛飲しているサプリメントはフラコラのプラセンタつぶというものでプラセンタ10,000mg!の他、美容成分アスタキサンチンやセラミドも配合しているので美容マニアにはうれしい成分ばかり。(プラセンタ成分が従来の2倍に)

プラセンタも3粒に10,000mg!も配合され良心的な価格なので我慢せずに毎日摂取することができました。

注射とは違って自宅でケアできて飲み始めて3日目には肌の透明感や明るさが変わり、化粧ノリも全く違って気分も上がっちゃいました。

お試しも送料無料の980円だったから一度試したら手放せない!くらい効果を実感。

プラセンタつぶ文字入れ

高品質なプラセンタなのにリーズナブルな価格なところが続けるポイントですよね。(注射は効果があっても続けるには割高で・・・。)

内側からのケアのおかげでホルモンバランスを整える効果により生理前などのお肌トラブルとも無縁になって素肌美人へももう少しです♪

高濃度で低価格!
継続3日目に大人ニキビが減ったのは1日120円のプラセンタつぶのおかげ♪
WHITE’stプラセンタつぶ袋タイプ

プラセンタの効果効能

プラセンタには成長因子という、成長ホルモンの分泌を促進させるプラセンタにしかない成分や、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、核酸、酵素などといった栄養が豊富にふくまれています。

成長因子が細胞の修復や再生を促すので、傷が治るのが早くなったり、肌や内臓などの細胞を若返らせます。ホルモンバランスや自律神経を整えるなどの効果もあり、生理不順や更年期障害にも効果があります。

シミやシワがなくなる、熟睡できるようになる、肌つやが増す、ニキビやニキビ跡が治る、アトピーの改善、関節痛が治る、リウマチが治る、

肩こりや腰痛の改善、乾燥肌や敏感肌が治る、冷え性が治ったり、その他にも、不調と思われるものが、だんだんと良くなっていきます。

免疫力がアップし、抗酸化作用もあるのでアンチエイジングにも効果的です。新陳代謝をアップするため、ダイエット効果もあり、

うつ病やアレルギー性鼻炎、視力低下やメニエール病、便秘や呼吸器系の気管支喘息などの症状にも改善効果があります。

内科のプラセンタサプリとドリンク

内科やクリニックで処方されているプラセンタサプリメントにはラエンネックPOという、ヒトプラセンタのサプリメントがあります。

ヒト由来のプラセンタは医療医薬品にのみ使用が認められているため、インターネットなどで購入はできません。

ヒト由来のものなので、感染系の病気については気になるところだと思いますが、梅毒や結核、淋病、B型・C型肝、エイズや白血病、りんご病などの病気はすべて検査で陰性が確認されていますので、安心ですね。

プラセンタ注射は吸収が良いので効果が高いのですが、一度受けると献血が受けられなくなるというデメリットもありますので、それに比べるとプラセンタサプリメントは気軽に取り入れやすいと言えます。

値段はクリニックにより違うのですが、だいたい一箱100粒で20000円程で1ヶ月分ですので、一般的にネットで購入できる馬や豚のサプリメントよりは値段が高くなります。

内科やクリニックで購入できるプラセンタドリンクは、ヒト由来のものではなく、病院が選んだおすすめのプラセンタドリンクになり、馬や豚や羊など、内科や病院により異なります。

内科でプラセンタ治療を受けるのと市販のサプリメントの違い

内科で受けられるのはヒトプラセンタの注射やサプリメントです。市販のサプリメントは馬や豚由来のプラセンタサプリメントになります。

どちらも成長因子などの有効成分がふくまれていますが、プラセンタ注射は効果効能が高いと言われています。

吸収が違うからだそうです。ですが、初めの頃は週に1〜3回、を継続して受けないと効果がないとも言われており、保険適用外の値段だと、一回2000円〜3000円ほどかかりますので、継続摂取する場合に、決して値段が安いとはいえません。

ラエンネックPOなどのヒト由来のプラセンタサプリメントに関しても、1ヶ月20000円ほどかかりますので、(人によってはプラセンタ注射とラエンネックPOどちらも処方してもらってる方もいますが)

高いと感じられるかたもいらっしゃると思います。

それにくらべ、市販で購入できるプラセンタサプリメントやドリンクはもう少し値段も安く、病院に通わなくても、インターネットでポチッとボタンを押せば、家に届くという便利な部分もあります。

馬や豚由来のプラセンタでも、美容効果は高いですし、プラセンタ注射を打った後の効果と同じような効果を実感している方も多いです。

商品にも、合う、合わないがありますが、自分に合う商品が見つかれば、継続摂取も内科に通うよりは簡単にできるところもメリットですね。気になるかたは、馬や豚由来のプラセンタを一度ためしてみてもよいかもしれません。

内科でプラセンタ治療がおすすめな人

プラセンタは馬や豚由来のサプリメントやドリンクで摂取できますが、内科で直接プラセンタ注射やラエンネックPOのヒト由来のプラセンタサプリを処方してもらうことのメリットとしては、

保険適応だと、値段が安く、美容効果を実感できたり更年期障害などの症状が緩和されるということでしょう。

保険適応ではない場合、料金は一般的な馬や豚由来のサプリメントやドリンクよりは高くはなりますが、注射やヒト由来のラエンネックPOのサプリメントはやはり、肌つやがよくなったや、疲れにくくなったなどの美容や健康の効果を早く実感しやすいようです。

ですが、定期的に受ける必要があり、効果を感じるのが早いのがメリットでもありますが、ある程度(2、3ヶ月〜半年など)の期間受けないと、美容や健康効果をずっと実感できるようにはなりません。

ですので、定期的に通える方、料金も気にならない方、そして注射を受ける場合は、献血が受けられなくなるというデメリットがあっても大丈夫な方には、内科でのプラセンタ療法はおすすめといえます。

もしそのような内科でのプラセンタ療法のデメリットが気になる方は、市販のプラセンタサプリメントやドリンクをおすすめします。

で、結局コスパ最高のプラセンタはどれ?

様々なプラセンタを経験した私が選んだプラセンタはフラコラのプラセンタエキス100%・WHITE’stプラセンタエキス原液美容液と3粒で10,000mg配合のプラセンタつぶです。

 

1.プラセンタエキス原液(美容液)について

プラセンタエキス原液の公式サイトを読んで私の体質に合うか?成分的に問題がないか?正直、怪しくないか?を細かくチェックしました。

▶︎プラセンタエキス原液美容液の公式ページはこちら

即効性を感じたフラコラプラセンタエキス原液を購入し使用して感じた効果など体験談は こちら

特に美容液であるWHITE'stプラセンタエキス原液は長年の悩みであったほうれい線が目立たなくなり、お肌の発色もワントーン以上明るくなった気がします。
after  

2.フラコラプラセンタつぶ(サプリメント)について

プラセンタつぶもやっぱり内服するサプリメントであるので安心して購入できる会社か?原材料などの成分、注意書き等を読みました。

▶︎プラセンタつぶの公式ページはこちら

プラセンタつぶはじめ3つのプラセンタサプリメントを実際に使用して感じた効果の体験談を比較して付けたランキングは こちら

3つのプラセンタサプリメントを飲み比べてプラセンタつぶは他のサプリメントよりも含有量が高くお値段も手ごろという部分で続けやすく、体質から効いている気がしています。

ただ即効性を求めるなら、プラセンタつぶよりもプラセンタエキス原液の方がお肌のもっちり感や発色などすぐに効いたような感じでプラセンタつぶは内側から徐々に効いていき疲労感回復や乾燥に効いている感じですね。